SSブログ

2014年11月28日~12月5日のニュージーランド旅行 [旅行]

結婚10周年記念に、ニュージーランド旅行に行ってきました。

旅行中はとても天気が良く、素晴らしい景色と3つのトレッキングコースも堪能し、ニュージーランドワインもたっぷり頂きすごく良い旅行でした。

こちらは、ミルフォードサウンドの景色です。



映画ホビットの撮影にも使われたニュージーランド雄大な景色は、どこを撮っても絵になりました。



世界一の散歩道と言われるミルフォードトラックでは、原始の森の中をハイキングしました。



空港には、ホビット仕様の飛行機の模型もありました。さすがニュージーランドですね。


紅葉ハイキング [旅行]

先週。紅葉を見るために、奥鬼怒遊歩道を通り奥鬼怒温泉へ。その後鬼怒沼までハイキングに行ってきました。



自然の中の見事な紅葉に圧倒されつつ、遊歩道を2時間半かけて歩いて行きます。



途中には滝も沢山ありました。水もすっごく冷たくてきれいです。





緑と赤とオレンジとき色のコントラストがすごくきれいです。





険しい川を横目にかがめながらどんどん歩いて行きます。



八丁の湯を通り、この日のお宿加仁湯へと急ぎます。



お宿が少しずつ近づいて来ます。



到着しました。



夜は、お腹いっぱいの夕食と24時間入りたい放題の温泉(5種類の温泉が楽しめます)を堪能し、満天の星空を鑑賞し大満足の一日でした。次の日は鬼怒沼へと向かいます。それはまた後日更新しますね。。

瑞牆山登頂 [旅行]

6月14日にパートナーと友人との三人で瑞牆山に登山に出かけました。
当日はお天気がちょっと心配だったのですが、気温もちょうど良くなかなかのお天気で、景色も良かったです。
10:00にいざ出発!

綺麗な山つつじや

シャクナゲも見ることができました。

ここから本格的な登りです。

木々の間から見える山頂を眺めつつ登っていきます。

金峰山と瑞牆山の分岐点の山小屋でちょっと休憩し、

一旦川まで下りです。

山頂はまだまだ遠いです。

川をこえるとひたすら登りです。途中にはこんな大きな岩もあります。手前の黒っぽいのが人ですので、その大きさが分かるでしょうか?

急なところは、クサリを使って登ります。

この登りが延々続きます。

きれいな空と大きな岩を眺めながら、まだまだ登りです。

可愛いお花に心を癒されながら・・・

途中でロッククライミングをしているグループに遭遇しました。

休憩しながら、少しずつ登っていきます。クライミングの人たちがだんだん小さくなります。

そして最後の登りを超えると・・・

山頂です。

周りには、さえぎるものがほとんどないので、

こんな感じに、金峰山も見えます。

お天気も良く絶景です。

そして、クライミングの人たちも一人目がもう少しで・・・

登り切りました。その瞬間、山頂では拍手が上がりました。

富士山の山頂はあいにく見えませんでしたが、それ以外は景色も最高だったし、大満足でした。

どこを撮っても絵になります。ただ、この日は風がすごく強くて、飛ばされそうになりました。

1時間ほどランチを兼ねて休憩し、今度は今来た道を下っていきます。シャクナゲもきれいです。

下りは比較的楽ちんです。

倒れてきそうな岩を支えたり・・・余裕があります。

クサリ場も登りより楽です。

けっこう急ですが、頑張って降りて行きます。

さっきまでいた山頂を眺めながら・・・

谷まで下り、一旦登りとなります。

山小屋からは山の緑を楽しみつつ・・・

そのあとは、ゆったりとした下りが続き、

瑞牆山ともお別れです。


駐車場近くの山荘に到着しました。

帰路の途中で、温泉に入り特産の瑞牆そばを食べて帰路に着いたのは夜の11時頃でした。

木曽駒ケ岳登頂(2013年10月13日) [旅行]

この日は、かねてより計画していた木曽駒ケ岳に行きました。当日は夜中の3時に起床、3時半に家を出発し渋滞もなく、6時半に菅の台バスセンターに到着しました。ここからは、バスとロープウェイを乗り継いで千畳敷に向かいます。
ところが、バスは2時間待ち、ロープウェイも2時間待ちと予定よりだいぶ遅れてのスタートになってしまいました。
ロープウェイのしらび平駅はロープウェイを待つ人々の人だかりです。

整理券をもらって、駐車場の奥にあるベンチに座って、昼ご飯を食べながらひたすら待ち続けます。パートナーは待ち時間用に持ってきた本を読み終わってしまいました。ちなみに読んでいたのは『脳男』でした。

12時ちょっと前に整理券番号の順番が来て、やっとロープウェイ乗り場へ。

ようやくロープウェイで千畳敷駅に向かいます。

ロ^プウェイから見える景色を楽しみつつ・・・

紅葉の見ごろは終わっていましたが、迫力ある景色を見つつ・・・

約7分で日本で一番標高の高いところにある千畳敷駅に到着・・・

駒ケ岳神社を参拝し、12時20分に千畳敷を出発。

空の青さを映したきれいな剣ヶ池を眺めつつ・・・


最大の難所八丁坂を登り始めます。写真の右側に見えるジグザクの道が登山道です。



振り返って雄大な景色に感動しつつ・・・きつい岩場を登っていきます。この日はすごい人で、すれ違うのも大変なほどでした。


南アルプスの後ろに小さく富士山も見えます。黄色い矢印のしたです。わかりますか?

登り始めて40分ほどで、乗越浄土へ到着。ここからの景色も素晴らしい。

空ってこんなに青かったんだと実感。




雄大な景色を眺めつつ。中岳を通り。



いったん、10分ほど下り・・・

テント場の横を通りながら・・・

いざ、駒ケ岳に上ります。

14:00無事登頂しました。山頂で記念撮影。

槍ヶ岳も見えます。ちょこんと出ているのが槍です。

思わず、「ガイドブックに載っていたのと同じ景色だー!」と言うと。周りからは笑いが・・・。だって、本当だったんですもの。



何処を撮っても絵になります。かえって私が邪魔だわ。奥には宝剣岳も見えます。

宝剣小屋に資材を運ぶヘリコプターもみられたし。その迫力に圧倒されました。わずか数分もしないうちに飛び去っていきます。

帰りがけ、パートナーはこの宝剣岳に登るか迷っていましたが、もちろん実力不足の私は、始めから登る予定なし。ロープウェイの時間も迫っていたので断念。

下山後、剣ヶ池までの散策道を一周し・・・記念撮影。この頃は、千畳敷カールはすっかり陽が落ちており暗くなりかけです。


この後、帰りのロープウェイも2時間半待ち。6時過ぎにロープウェイに乗り、その後バスに揺られること30分ほどで、菅の台バスセンターに到着。そのバスの車内での運転手さんのアナウンス

「本日は大変込み合いましてご迷惑をおかけいたしました。今日は一年で一番混雑の激しい日でした。来年は是非この日を外していただき、別の土日にお越しいただければこんなにお待たせすることはありません。またのお越しを心よりお待ち申し上げます。」

に乗客一同から、驚きの声が上がりました。
バスから降りて、20時受け付け終了のこぶしの湯に19時45分ごろ滑り込みましたが、洗い場はいっぱいで大変。何とかお風呂に入り温まり、20時半に駒ケ根を出発。が、しかし中央道は事故渋滞&自然渋滞で大変。途中高速を降り甲州街道で八王子まで行き、そこから高速に乗り、首都高速を通って自宅に着いたのは何と次の日の3時を回っておりました。24時間以上起きていたことになります。次の日仕事の私は車内で仮眠を取り、その間パートナーはひたすら車を走らせていたのでした。
人人人の今回の登山でしたが、木曽駒ケ岳は眺望も素晴らしく待ち時間なんて忘れるほどの良い思い出の登山になりました。この日に行かなければ、この眺望に出会えることもなかったわけですからね。
木曽駒ケ岳は手軽に行ける山です。今度は夏に行ってみたいです。だけど、今度はもちろん平日に!!

白根山登頂 [旅行]

9月下旬に白根山に行ってきました。今回はパートナーとその友人合わせて5人での散歩登山です。超初心者が3人(私も含めて)もいるので、ゆったり、ゆっくりの登山です。計画通り、10時に現地に着きましたが、霧のため、早めの昼ご飯を食べながら天候の回復を待つことに。予報通り、12時ぴったりに霧がはれ始めました。霧も晴れたので、いざ出発!

弓池から出発し、


きれいな池を上から眺めつつ、

登っていくと、こんな看板が・・・

途中にはきれいな高山植物を観賞しながら・・・



噴火口跡を見ながら登っていきます。


白根山は、現在ガス発生のため頂上に登ることができません。そのため現在は遊歩道の最高地点を頂上として登りました。

まだ紅葉はあまり進んでいませんが、ところどころ色づいています。


遊歩道の頂上を目指して歩いて行くと、霧が・・・

着きました!現在白根山で登ることができる最高地点です。

この実を食べに熊などの野生動物が来るそうです。確かに、登っている途中で獣のにおいがしました。

可愛い白い花が咲いていたり。心がいやされます。


最高地点から帰りの展望台で記念撮影。


下山途中の鏡池は霧で見えず・・・



だんだん天気が怪しくなってきました。

そして、とうとう雨が降り始めレインコートに身を包んで下山していきます。(これは私です)



またもやこの看板、途中クマよけの鈴を鳴らしながらだったので、幸いくまには会いませんでした。



雨の中でも紅葉も楽しみつつ・・・



最後に記念撮影。



その後お釜を観に行くも・・・何も見えずがっかり。



下山後には有名な露天風呂に入り、ほっこりと温まりました。



渋滞を避けるため、現地で夕食を食べ・・・



帰路に着きました。夕食を食べていた間に渋滞は解消されたようで、スムーズに帰宅することができました。でも、のんびりだったので自宅に着いたのは11時を過ぎておりました。次の日私はお休みでしたが、パートナーを含めた皆さんは次の日体を引きずりながら、会社に行ったことでしょう。

旅行2日目(8月17日)) [旅行]

さて、旅行二日目に突入です。まずは朝食の様子から。ホテルの案内には美味しそうなオムレツが載っていたのですが、お客様が多いせいか温泉玉子の芽かぶ添えでした。でも、サラダはたっぷりです。ハーブティー、牛乳、オレンジジュースも一緒です。



そして、こちらはストウブで蒸したソーセージと野菜たち、一人分でも結構なボリュームですよ。朝からこんなに食べられるかな・・・とちょっと心配に。でも、ジューシーでとっても美味!何も付けないで頂きました。



こちらは、たっぷりの自家製パン。これも温かくて美味しかったです!もちろんパンはお代わり自由のようでした。



そしてデザートはフルーツのジュレのせ、ベリー系のジュレが冷たくて美味しかったです。



そして、お宿をチェックアウトし、お昼をコンビニでゲットし、フラワーロードを通っていざ海へ!



プライヴェートビーチみたいです。





セーリング中の船も見かけました。帆船だったらもっと素敵!アーサー・ランサム『ツバメ号とアマゾン号』を思い出しました。私も子どもの頃に読んでいたら。きっとアウトドア派になっていただろうなと思えた作品です。アウトドア、冒険ものと言えば他に、ダニエル・デフォー『ロビンソン・クルーソー』ジュール・ヴェルヌ『二年間の休暇』(『十五少年漂流記』の方が一般的なタイトルですが)スティーヴンソン『宝島』が大好きです。子どもの頃に読んでいなかったのが悔やまれるほど面白い作品です。





大好きな本に思いを馳せながら、シュノケーリングと読書を満喫し、いつもより少し早く帰路につきました。


今年2回目の海へ [旅行]

8月16日は夏休みを取っていたので、今年2回目の海へ行きました。これは、パートナーの登山が急遽キャンセルになった為に急浮上した計画でした。また、登山に行けなかったパートナーが宿泊を希望していたので、出発の2日前に何とかお宿を確保し出かけました。(実はこのお宿、1週間前は満室だったのですが、2日前にネットで確認すると何と1部屋だけ空いていたのです。この日ちょうどキャンセルがあったようです)
この日は少し雲がありましたが、波も穏やかで絶好のシュノーケリング日和です。思う存分お魚を鑑賞しました。

海もとってもきれいです!

シーカヤック?に乗った団体様が目の前を通り過ぎて行きました。こんなのも体験できるんですね。何度も来ているのに、初めて遭遇しました。

遠くにうっすら富士山が見えています。わかるでしょうか?

この日は、お盆期間ですが平日と言うこともあり、私たちの他には1家族しかいませんでした。ほとんど貸し切り状態です。
今日はこのままお宿に行くので、のんびり夕方まで海を満喫しいざお宿へ!
お宿に到着しました。まだまだ日が長いので、併設のプールでひと泳ぎしました。このお宿はお子様御断りのお宿なので、ゆったりと過ごせるのが良いですね。

その後宿から歩いてすぐの海岸で夕日を眺めました。

写真真ん中寄りの右側にうっすら富士山が・・・見えました。

だんだんと沈んでいきます。

沈んだ後にこんな珍しい空を見ることができました。空が二つに割れているみたいです。

富士山がくっきりと浮かび上がりました。


夕日を堪能し、お宿に帰るとすっかり暗くなっていました。プールもライトアップされていました。

そして、お待ちかねの夕食です。オーベルジュなので、期待が高まります。

この日のメニューはこんな感じです。


まずはグラススパークリングで乾杯!その後、魚介類のガスパチョが運ばれてきました。見た目もすごくきれいです。味はもちろん美味しいです。ホタテとエビが入ったガズパチョです。上に乗っているのは確かトマトのムースだったと思います。



自家製のパンはもちろんお代わり自由。でも、ここで食べすぎてはいけません。



新鮮野菜のテリーヌです。魚介もたっぷり入っていてすごくカラフル。ワインが進みますね。


この後白ワインを注文!とても飲みやすいソーヴィニヨン・ブランでした。



あかにし貝のブルギニヨンです。貝の食感が何ともいえず美味しかったです。あかにし貝って初めて食べました。この時パートナーはパンをお代りしていました。


イサキのポワレです。上に乗っているお野菜との相性もばっちり。ソースも3種類添えてあって、どれも美味しかったです。


お肉料理の前に赤ワインのグラス2種類をチョイス。
こちらは、スペインのテンプラニーリョ・ドラゴン2009です。スペインのワインは自宅ではあまり飲まないので挑戦してみました。カシスやベリー系のフルーツの香りが特徴的です。



こちらは、フランスのイル・ラフォルジュ メルロー2011です。なめらかなタンニンでとても飲みやすいメルローです。ベリー系の香りの中にヴァニラのような香りも感じられます。とても飲みやすいワインです。


【SALE】ラ・フォルジュ/イル・ラ・フォル...

【SALE】ラ・フォルジュ/イル・ラ・フォル...
価格:1,215円(税込、送料別)


お肉料理はチョイスできるのでそれぞれ別のものを注文しました。

牛フィレ肉のペリグーソース仔羊のロースト バジルとバルサミコのソースです。どちらも美味しかったのですが。ここで私たちはギブアップ。つくづくフルコースが食べられなくなったのを感じる今日この頃です。軽めのコースにしておくのだったと反省しました。



デザートはお部屋にお持ち帰りして部屋で食べました。写真を取り忘れたのが残念です。こうして、オーベルジュでの夜は更けて行ったのでした。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

横浜カップヌードルミュージアム&横浜中華街 [旅行]

3月10日は、昨年の9月にオープンしたばかりの横浜カップヌードルミュージアムに行ってきました。土曜日なのでかなり混んでいました。そこで、チキンラーメン作り体験をしてきました。小麦粉から麺を作る本格的なもので、大人も子どもも大満足でした!作ったチキンラーメンは、世界に一つだけのオリジナルパッケージに入れてくれます。調理実習みたいで楽しかったです。お土産に、バンダナと本物のチキンラーメンも頂きました。

本物とオリジナルの違いが分かりますね!

そして、その後は中華街でランチです。四川料理の重慶飯店別館での本格中華ランチでした。

こちらがメニューです。見るからにお腹いっぱいになりそうです。

まずは前菜です。

鶏肉とピーマンの醤油炒めです。そんなにしつこくなく美味しかったです。

定番のエビチリです。辛すぎずちょうど良い感じで美味しかったです!

海鮮と野菜の包み揚げです。カリッと上がっていて美味でした。

牛肉と玉子入りとろみスープです。とっても優しい味で私好みです。スープ自体の味が素晴らしいです。上にパクチーさえ載っていなければ更によかったのですが・・・。(ちなみに私食材で唯一苦手なのがパクチーです…食べられないわけじゃありませんが。)

わたしの中で、この日のヒットはこの麻婆豆腐でした。さすが四川料理の店だけあります。様々な香辛料で深みのある味わいです。これは、なかなか家庭では出せない味ですね。深みのある味の中に辛みが絶妙なベストマッチです。今まで食べた中でわりと上位に入る麻婆豆腐でした。

水餃子あんかけチャーハンです。この辺に来るとかなりお腹いっぱいになってました。

最後はこれまた定番の杏仁豆腐でした。こちらは、ごく普通でした。

その後、中華街で1時間ほどお土産を物色し、帰途につきました。バスでの日帰り旅行、楽しかったです!

後日談
3月10日に手作りしたチキンラーメンを月曜日に一人ランチで食べました。昔はすごく美味しく感じたのですが、いろんな美味しいものを食べた今では普通になってしまいました。ただ、自分で作ったと言うところが良いのでしょうね。この量は今の私にはかなりきつかったです。半分で良いかな?


箱根第2日目は私の誕生日 [旅行]

9月12日は私の○○回目の誕生日でした。最近自分の本当の歳が良く分からなくなってます。

9月12日の朝食はこんな感じです。

パンは三種類。一番小さいのが甘くって美味しかったです。パートナーは隣のテーブルの女性が小さいパンをまるまる残しているのを見て、もう一つ欲しいなーと言ってました。



野菜ジュースとサラダ、サーモンのポテトサラダのせ、フルーツヨーグルトが載ったプレートが出てきました。盛り付けもとってもきれい。サーモンはアトランティックサーモンとのこと。塩分が少し強めです。ポテトサラダはサーモンに合わせるなら、もう少し塩分控えめが良かったかもしれません。でも、全体のバランスはとっても良く美味しかったです。



お次はこんなかわいらしい入れ物でやってきました。



ポーチドエッグミネストローネスープです。ポーチドエッグの上には昨日のフォアグラに載っていたのと同じソース(恐らく)がかかっていました。どちらも、とっても美味しかったです!



朝ごはん後、宿からの風景も堪能しました。



そして、さんざん迷った挙句、やっと目的地のマイセンアンティーク美術館に到着。以前は仙石原にあったのですが、ちょうどこの日に強羅に移転し、リニューアルオープンの初日でした。初日と言うことで、中はちょっとまだバタバタしていました。



誕生日プレゼントに買ってもらっちゃいました。



そして、次の目的地は駒ケ岳。ロープウェーで一気に山頂まで登ります。芦ノ湖が見えてます。



雲の中にちょこっとだけ富士山が顔を出してます。この日もほとんど富士山は見られませんでした。



下にはゴルフ場も見えます。



そして山頂には神社がありました。神社の横に説明書きも・・・。





喉が渇いたので、ご当地サイダーを買ってみました。すっきりとして美味しかったです。



その後、次の日会社のパートナーのためにすぐに帰宅。家では、昨日少しだけ余ったワインを飲みながら、簡単な夕食をすませました。



パスタは、先日のハヤシライスの残りをクリームでのばしアレンジしました。



サラダは木の実入りグリーンサラダです。



ワインは昨日の残りでしたが、車の中で高温にさらされ熱劣化してしまったような感じでした。残念(>_<)



食後は、早速もらったカップを使ってみました。



こうして私の○○回目の誕生日は過ぎて行ったのでした。


nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

金時山に登頂、そして箱根の湯でゆっくり・・・ [旅行]

9月11日は、パートナーの希望で金時山に登りました。途中で去年も見かけた保安林の表示を見つけました。今回のは”水源かん養保安林”でした。



きれいな蝶々に出会ったり・・・



可愛らしいお花に出会ったりしました。



くずの花もきれいでした。そして、こんないも虫も・・・きれいな蝶々になるのかな?



いろいろと寄り道しながら、なんとか頂上まで辿り着きました。金時山は名前の通り”金太郎伝説の山”です。



頂上からの眺めはこんな感じです。奥に見えるのが芦ノ湖です。この日はあいにく富士山を見ることはできませんでした。残念(>_<)



記念にパシャリ、撮っていただきました。



そして予定時間を少々オーバーし、下山。その後は箱根のお宿でゆっくりと温泉につかり、旅の疲れを癒しました。こちらは貸し切りの露天風呂です。



部屋にもわりと大きめの露天風呂がありました。こちらは人工ミネラル温泉とのことでした。ミネラルのおかげで肌もつやつやになりました。



そしてお待ちかねの夕食です。こちらのお宿は元帝国ホテルのシェフが経営するオーベルジュ。明日が私の誕生日と言うことで、このお宿は私がリクエストしました。まずは、シャンパンで乾杯、グラスも素敵です!!もちろんとっても美味しかったです。今回飲んだシャンパンは、ジモネ・ゴネというRMのシャンパンでした。後日ホテルに問い合わせ教えていただきました。美味しかったので早速ネットで購入しました。



【ジモネ・ゴネ】ブリュット・トラディ...

【ジモネ・ゴネ】ブリュット・トラディ...
価格:3,129円(税込、送料別)


とうもろこしのガレットです。手前はとうもろこしのジュレです。つけていただきます。ホットケーキに似た感じ?!



野菜のテリーヌです。これはすっごくきれい!!もちろん味もばっちりです。シャンパンとの相性も良いです。食べるのが勿体無いくらいです。



鶏肉のスープサンガレーズ風です。味はちょっとアジアンチック。「サンガレーズって何ですか?」との問いに「シンガポール風です」ちょっとした洒落みたいです。お味はカレーに似たスパイシーな味付け。ちょっと創作フレンチっぽいですね。



そろそろシャンパンもなくなったので、ワインを頼みました。お肉料理も視野に入れて少し重めの赤ワインにしました。シャトー・レ・トロワ・クロワ・1996です。シャトー・ムートン・ロートシルトやオーパスワンを手掛けた名醸造家パトリック・レオンが経営するワイナリーのワインです。メルローとカベルネ・フランのブレンドです。色はかなり深めです。香りはベリー系やカシスっぽいところがあり、樽のヴァニラ香がも微かに感じられます。タンニンはしっかり目ですが、酸味も程よくとても美味しいワインでした。1996年と言うことですが、まだまだ熟成しそうな感じでした。




お次は魚料理、舌平目のムニエルです。うーん美味しいソースも正統派ですね。舌平目のムニエルは大学時代の調理実習で作って以来食べてなかったです。プロが作るとこうも違うのかって感じでした。ワインとの相性もソースのおかげでばっちりでした。



お口直しは杏のスープです。甘くって美味しい(*^_^*)



そしてメインの肉料理は、これまた大好物のフォアグラとフィレ肉のロッシーニ風。もちろんソースはトリュフソース!フォアグラの上に載っているソースがすごく美味しかったです。ソースの材料を聞くと、わざわざシェフが作り方を教えに来てくれました。玉子の黄身とマヨネーズで作ったソースとのことでした。ただ、仕上げはバーナーで焼いているとのこと。うちでは無理かしら?フォアグラもフィレ肉も焼き加減が絶妙でした。プロの仕事です。もちろんワインとの相性はとてもよかったです。



最後はデザートの盛り合わせです。私はハーブティーと共に頂きました。明日は私の誕生日と言うことで、バースディプレートが特別に載せられていました。デザートもとても美味しかったです。



心から大満足の夕食でした。こうして、箱根での第一日目は過ぎて行きました。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます