SSブログ

3月14日はホワイトデーディナー(お気に入りのイタリアンにて) [外でお食事]

3月14日はホワイトデーでした。前日にちょっと喧嘩してしまい、落ち込んでいたら、夕方相方よりメールが・・・「いつものイタリアンを予約しておいたよ」とのこと。喧嘩してたことなんてさっさと忘れて、久々に大好きなイタリアンに食べに行ってまいりました。



シェフお勧めのワインを頼んで・・・



まずは野菜いっぱいのサラダを・・・



赤ワインに合わせてチーズの盛り合わせも頼み・・・



ちょっとしたおつまみをサービスしてもらったり・・・



変わった食材のれそれ(あなごの稚魚とのこと)のピッツァビアンケッティを頼み・・・



メインはホロホロ鳥のグリルです。「美味しーい(*^_^*)!!」



最後に夫はチョコレートケーキを頼み・・・



私はシャーベットを注文。自家製の甘いリキュールをサービスで添えていただき、甘ーいデザートと一緒に堪能しました。



いつ行っても本当に美味しくリーズナブルなお店です。通えば通うほど大好きになるお気に入りのお店です。

お店の情報は以下をご覧ください
Trattoria LA CAPANNA
[イタリア料理]
Trattoria LA CAPANNA
京成線ユーカリが丘駅 北口 徒歩5分
〒285-0858 千葉県佐倉市ユーカリが丘3-3-11(地図
ぐるなびで Trattoria LA CAPANNA の詳細情報を見る
※2013年5月26日現在の情報です
ぐるなびぐるなびこのエリア周辺のグルメ情報のお店情報もチェック!


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

3月11日の夕食~13日のブランチまで [おうちごはん]

3月11日の夕食は鶏肉と玉子の親子カレーです。サラダはアボカドとツナとトマトを和えました。ツナとアボカドは相性が良いです。味付けはオリーブオイルとレモンとジェノヴェーゼソースを少し加えました。親子カレーはかなりボリュームがあってお腹がいっぱいになりました。





3月13日のブランチはパングラタンです。パン屋さんでもらった大量のパンの耳と玉子が沢山あったので、パングラタンを作ってみました。具はパンの耳とほうれん草とチーズとシーフードです。スパニッシュオムレツとキッシュのあいの子みたいなグラタンです。ボリュームたっぷりでお腹いっぱいです。サラダは、ミニトマトとブラックオリーブのサラダです。味付けはシンプルにレモンとオリーブオイルだけ。上からバジルをちらしてみました。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2月23日の夕食~3月6日の夕食まで [おうちごはん]

2月23日の夕食はパスタでした。


シーフードのトマトクリームパスタです。ソースは出来合いのものをアレンジしました。出来合いのソースはちょっと甘めで味が濃い場合が多いので、我が家では豆乳を入れたりトマトを足したりと調整して使っています。この日も、豆乳を入れ味をまろやかにしてみました。


カブとキャベツのグリル焼きサラダです。柔らかい春キャベツとカブをグリルで焼きました。グリルで焼くと水分が飛んで、野菜の甘みが増します。サラダはシーザードレッシングと柚子ドレッシングで食べました。さっぱりとした柚子ドレッシングが相性が良かったかなと思います。


この日合わせたのはオーストリアのワイン、ベルンハルト・オット グリューナー・フェルトリーナ アム・ベルグ2011です。大好きなオーストリアのワインをデパ地下で見つけ2本ゲットしたうちの1本です。フルーティーで洋ナシや桃や柑橘系の香りがあり、それでいてしっかりとしたミネラル感もあります。口当たりが良くフレッシュな飲み心地のワインです。シーフードとも相性ばっちりです。のっぽなボトルも高級感があってテンションが上がりますね。


2月24日のブランチは、おなじみのKommizibのベーグルほうれん草オレンジチョコです。ほうれん草は体に良さそうです。野菜たっぷりスープをつけた食べました。オレンジチョコはお気に入りです。オレンジピールがきいていて癖になります。前日たくさん飲んだので、土佐文旦を生搾りジュースにしました。飲んだ次の日は柑橘系のジュースですっきりです。

2月24日の夕食はカツオのたたき洋風仕立てと、Kommizibのフォカッチャとレンコンのポタージュです。前日少しだけ残ったワインと一緒に頂きました。レンコンのポタージュは先輩から教えてもらったレシピです。トロっとしていて美味しいです。


3月3日
は母と姉手作りのちらし寿司でした。

ちらし寿司は実家からの頂き物です。毎年頂いています。甘ーい伊達巻きと蛤のお吸い物と共に頂きます。お伴はパートナーは焼酎をロックで飲んでいました。お母さん、お姉ちゃん、いつも美味しいちらし寿司をありがとうね!!


3月4日は久しぶりにお鍋にしました。

豚キムチ鍋を作りました。上にたっぷりのっているのは松山あげです。水分を含むとトロっとして、それが何とも言えず美味しい油揚げです。野菜もたっぷり食べられます。


3月6日はOisixのKitに入っていた岩国れんこんと納豆入り和風ハンバーグピーチかぶの塩レモンのり和えです。久しぶりに白いご飯に見えますが、発芽玄米入りです。


上に載っている野菜と大根おろしのせいで肝心のハンバーグが見えませんが、食べ応えありのハンバーグです。ハンバーグに納豆を入れるのはどうなのかなと思いましたが、納豆好きの人なら大丈夫なお味です。


絵的に余り美味しそうには見えないのですが、レモンをかけてあるのでさっぱりとしていて、また磯の香りもしてなかなかのお味でした。カブの美味しさもあるのでしょうね。

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

やっと2月15日の夕食~23日のブランチまで更新しました。 [おうちごはん]

2月15日の夕食はイタリアンです。



ツナとトマトとレタスのサラダです。



平打ちパスタ(フィットチーネだったかな?)をクリーム系のソースと合わせ、上から黒トリュフをかけました。パートナーは「トリュフをもっとかけてくれ!!」と言ってました。



出来合いのチーズピッツアです。



この日は前日のヴァレンタインデーで飲みきれなかったワイン2本を飲みました。



2月16日の夕食は和食です。



赤魚とこんにゃくの煮つけです。



キャベツとトマトのサラダです。



干し大根の煮物です。



そして、和食にはやっぱり日本酒です。パートナーからの差し入れです。





2月17日の夕食はKommizibのフォカッチャを使ったピザです。



フォカッチャを使ったピザです。具は玉ねぎとスライスしたタコ、ジェノヴェーゼソースとチーズです。



スライス玉ねぎとトマトのサラダです。フライドオニオンとバジルをたっぷりかけて、オリーブオイルとバルサミコビアンコをかけていただきます。



イタリアの白ワイン、前回飲んで美味しかったのでリピートです。





2月23日のブランチです。



ブランチなのにボリュームたっぷりなメニューになりました。きのこオムレツとソーセージ付け合わせの野菜付き。Kommizibのフォカッチャとベーグルのピザです。ベーグルはバジル胡椒とトマトチーズかな。バジル胡椒の方はツナとチーズ、トマトチーズの方はジェノヴェーゼソースとチーズです。



Kommizibのベーグルはピザにしても美味しいです!

Kommizibのお店の情報は、ブログをご覧ください

パソコンは温存しつつ、久しぶりに更新しました。やっとヴァレンタインデーの夕食です! [おうちごはん]

2月14日はヴァレンタインデーでした。この日は平日でしたが、出来合いのものをうまく利用してちょっとしたご馳走を作りました。


前菜の盛り合わせです。テリーヌは出来合いです。でも、生ハムはイタリア産熟成生ハムです。テリーヌは出来合いなので万人受けするお味でしたが、パートナーはきれいに盛り付けられていると褒めてくれました。ちょっと嬉しかったです。何気ない食材も盛り方一つで美味しそうに見えます。

こちらは、ご飯で簡単ナンちゃってパエリヤです。ご飯にパエリヤのソースを和えて出来上がり。でも意外と美味しかったです。

こちらは、ちょっと奮発してネットでお取り寄せした仔羊のグリルです。仔羊のグリルは初めて作りましたが、味付けが難しいです。ラム肉とはいえやはり少し臭みが出てしまいました。今度プロに味付けのコツを教えてもらわなければと思いました。

そして、デザートはKomMizIbのシフォンケーキとクラシックショコラです。

こちらはセーグルの生地にドライフルーツが入ったパンです。同じくKomMizIbで買ったものです。これはどっしりとして食べがいがありました。赤ワインとも意外と相性良かったのでびっくりしました。

この日開けたのは、イタリアのスパークリングワイン、フランチャコルタ・キュベ・ブリュットNVベラヴィスタとフランスサン・テ・ミリオンのシャトー・オーゾンヌと同じオーナー、同じ醸造スタッフが作るシャトー・ド・フォンベル2004です。フランチャコルタは私が以前お店で見つけてこっそり買っていたワイン。リンゴや桃などの甘い果実の香りとレモンのようなさわやかさ、またヴァニラの香りも併せ持っています。いつかイベントで開けようかなと思っていた1本です。見た目はとてもシックな印象のボトルですが、底が大きく重厚感があります。美味しい泡でテンションが上がります。
そして、仔羊に合わせたのは、シャトー・ド・フォンベル2004です。このワインのヴィンテージ、2004年は私たちが結婚した記念の年。ですので、今でも2004年ヴィンテージのワインがいくつかセラーにあります。メルロー主体のこのワインは、濃い紫色でカシスやベリー系の香りがします。すごく滑らかな舌触りで程よくミディアム・ボディです。シャトー・オーゾンヌのワインは手に届きませんが、これなら私たちの手に届きますね。久しぶりに大好きなサン・テ・ミリオンのワインを飲んで大満足でした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます