SSブログ

パートナーとふたりで妹のパン屋さんへ [パン屋]

12月29日(土)に、パートナーとふたりで再び妹夫婦のお店に行ってきました。パートナーは初めてだったので、甘いものに目がキラキラしていました。お店は、対面販売の本当に小さなお店です。ベーグルは日替わりで一日8種類が並ぶそうです。ガラスケースのしたがベーグル、上の段がフォカッチャオリーブオイルパンです。オリーブオイルパンは焼くとサクッとしていてちょっと塩味が効いたパンです。そのままでも美味しいです!



焼き菓子は、ファーブルトン(今までに食べたことない珍しい焼菓子)やタルト数種類(印西市のお隣栄町の特産の黒豆・ドラ豆を使ったものもあります)クラシックショコラシフォンケーキ数種類があります。この日は職場の同僚が美味しいと絶賛していたファーブルトンと先輩の娘さんが独り占めして食べているというクラシックショコラベーグルフォカッチャを購入しました。早速コーヒーと一緒にファーブルトンを食べました。もちっとした生地の食感が絶妙ですごく美味しかったです。甘さも控えめでしつこくなくこれはリピートしたくなる味です。今度行ったらまた絶対に買いたいと思います。ちなみにファーブルトンは写真の左上にある丸い焼菓子です。インターネットで調べてみると、ファーブルトンというのは、フランス北西部ブルターニュ地方に古くから伝わるお菓子だそうです。



ファーブルトンりんごタルトは食べてしまったためありませんが、それ以外にこの日買ってきたパンたちです。ベーグルはすぐ食べない場合は、匂いがつかないようにして冷凍しておくと1ヶ月位もつそうです。我が家は車で30分くらいのところなのでちょくちょく行けますが、遠くの方はまとめ買いして、冷凍というのもいいみたいですね。



これは、クラシックショコラドラ豆のタルトです。



こちらはベーグルです。左がかぼちゃ、右はクランベリーです。クランベリーはクリームチーズをつけて食べると美味しいらしいので、挑戦したいと思います。



こちらはリピートのフォカッチャです。しっかりとした味でワインにもぴったりです。



こちらは初めて購入のにんにくとオレガノのフォカッチャです。これもワインと合いそうです。



お店は、千葉県印西市小林駅のすぐ近くです。お店のブログも始めたそうですので、下にリンクしておきますね。お近くの方は是非チェックしてみてください。

こむみずいぶのブログ
nice!(14)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

妹夫婦のパン屋さんのパンを食す [パン屋]

千葉県印西市にオープンした妹夫婦のお店に行ってきました。ベーグルとフォカッチャを買ってきました。

これは、フォカッチャです。見た目はごっついですが、オーブントースターで3分ほど焼くとふわっとしてすごく美味しかったです。素材の味がしっかり出ているので、何もつけずに食べましたが、二人であっという間にぺろっと食べてしまいました。フォカッチャは、夕食のワイン、パートナーが購入してきたデパ地下のデリと一緒に食べたのですが、ワインの味を邪魔することなくそれでいてしっかりと存在をアピールするそんなパンでした。





また、別の日にはプレーンベーグルをサーモンサンドにして食べました。玉ねぎのスライス、ケッパー、スポークサーモンとバジル、マヨネーズを挟んで食べました。サンドする前にベーグルを横に半分に切って2-3分オーブントースターで温めてからたべました。ベーグルは硬すぎず、もっちり、それでいてふわっとしていて本当に美味しかったです。以前試作品をもらって食べた時より数倍美味しくなっていました。研究を重ねた成果ですね。



そしてまた別の日にはトマトベーグルをまたもやスモークサーモンをはさんで食べました。この日は、スモークサーモンをバジルペースト、レモン汁、マヨネーズ、塩、こしょうしてスライス玉ねぎと和えて、フリルレタスと共にはさんで食べました。この組み合わせはばっちりでした。バジルとトマトとサーモンの相性はばっちりなので、当たり前ですね。この日も、トマトベーグルはサンドする直前にオーブンで2-3分あたためました。プレーンベーグルよりもふわっと感が増しているような気がします。もちろん、ベーグル特有のもっちり感もあります。



新しいパン屋さんには、私の友達や、知り合いなどにも多数お越しいただき、ありがとうございます。心より感謝申し上げます。

また、お越しいただいた方からは、「いろんな種類の美味しいベーグルを置いてあるお店がこの辺にはないので、すごくうれしい」「とても温かい雰囲気で、親しみやすく、またパンもどれも個性的ですごく美味しかった」「久しぶりに家族で取り合いになるほど美味しいパンでした」「チョコケーキもパンも美味しいわね。誠実で品のある仕事ぶりに感動しました」「どのパンもとても美味しかったので、またちょくちょく寄らせてもらいます」などの温かいお言葉をいただきました。とても小さな対面販売のお店ですが、地域の皆様に愛されるパン屋さんになればいいなと思います。わたしもこれから、ちょくちょ買いに行って、食べ方のレシピなどを紹介していきたいと思います。

妹のお店の情報は2012年12月14日の私のブログ記事に詳細を載せています。近所の方はどうぞお越しくださいませ。

妹夫婦のお店の情報
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

妹夫婦のパン屋&お菓子屋さんがオープンします [パン屋]

千葉県の印西市に住む妹夫婦が2012年12月18日に、念願の自分たちのお店をオープンさせます。お店の名前は子どもたちの名前を合体させた一風変わった名前”KomMizIb"(コムミズイブと読みます)です。お近くにお住まいの方はぜひ一度お越しください。また、この近くに住むお知り合いにお知らせいただければ幸いです。場所はJR成田線小林駅から歩いてすぐのところです。



パン職人である妹の旦那様が、日本で初めてフランスパンを販売したお店で培った確かな技術で、ベーグルなどを中心とした食事パンを作り、販売します。また焼き菓子は、東京麻布や千葉県佐倉市の個人店などでケーキ職人をしていた妹が作っています。

皆様よろしくお願いいたします<m(__)m>


nice!(15)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

11月23日はロゼ・ヌーヴォー [おうちごはん]

この日は、ボージョレー・ヌーヴォー第3弾で、ロゼ・ヌーヴォーを頂きました。


この日合わせたのは、牡蠣とほうれん草の豆乳グラタンです。ロゼなので牡蠣と合うかちょっと不安でしたが、フレッシュな口当たりと辛口のため、相性はそんなに悪くないように感じました



いつものサラダです。この日はグリーンリーフ、パプリカ、トマト、クコの実、松の実、クリームチーズを入れました。ドレッシングはかけず、オリーブオイルとバルサミコ・ビアンコを少量ふりかけ、桜ソルト少々をかけました。味付けがシンプルなので野菜の旨みが味わえました。



アボカドが熟していたので、こちらもシンプルに塩とレモンでさっぱりと頂きました。個人的にはアボカドはわさびと醤油の組み合わせが好きですが、レモンと塩も美味しいですね。



こちらはハーブとガーリック入りのクリームチーズです。クラッカーやフランスパンにつけて食べるのがお勧めです。



そして、この日飲んだヌーヴォーはこちら、ドメーヌ・リュエ ボージョレ・ロゼ ヌーヴォです。色もすごくきれいでテンションが上がりますよね。ロゼのヌーヴォーはもしかして初めて飲んだかもしれませんが、軽めの飲みやすい美味しいヌーヴォーでした。




友人主宰のバレエ発表会

私の小学校から中学時代の同級生にバレエ教室を主宰している女性がいます。ニューヨークへの留学経験もある彼女は、年齢はもちろん私と同じ。今まで、何回かその友人から発表会に誘われていたのですが、仕事などで都合がつかずなかなか行く機会がありませんでした。が、念願かなって昨日初めて伺うことができました。

場所は自宅からは1時間半くらいとちょっと遠かったのですが、立派な文化会館の大ホールで行われました。半年以上前から準備していたというその発表会は、3時間以上にわたる本格的なもので、とても感動しました。娘さんとも何度か会ったことがあるのですが、すごく可愛くてとっても素敵でびっくりしちゃいました。バレエはその友人の舞台を観に行った以来なので実に10年ぶりぐらいでしょうか。今回はクラシックバレエを中心に生徒さんの発表会でしたが、主宰者である友人も最後の演目「くるみ割り人形」に”金平糖の精”で出演していました。久々にみる舞台での彼女は光り輝いていて眩しかったです。なんだか、とっても心にしみる舞台でした。たまには、こういった芸術の鑑賞も良いものですね。また機会があれば伺いたいですね!!


11月17日~18日の夕食日記 [おうちごはん]

日一日と寒くなってきた11月17日は再びレンコンポタージュを作りました。



レンコンポタージュはとろみがあってとても体が温まりますよね。ポタージュはこの秋いったい何回わが家の食卓にのったことでしょう。



こちら、レンコンのポタージュとは全く不釣り合いなキムチ炒めです。キムチの賞味期限がぎりぎりだったので玉ねぎとひき肉と一緒に炒めてみました。味はピリ辛で美味しかったのですが、レンコンポタージュとの相性はちょっといまいちでした。



そしてこちらも他の二つのメニューとは全く合わない子持ち昆布です。お酒のおつまみとして出しましたが、パートナーからは他の料理と全く合わないと不評でした。後日、日本酒と頂きたいと思います。



11月18日はボージョレー ヌーヴォー第二弾です。

この日はちょっとレストラン風に盛り合わせてみました。



こちらは盛り合わせです。



盛り合わせのサラダは柿とキャベツのサラダです。甘い柿とキャベツの組み合わせはなかなか良かったです。



そして、こちらは生牡蠣です。上からオリーブオイルレモンドレッシングをかけてあります。



お次はごぼうのガレットです。パルメザンチーズとごぼうを和えてフライパンでカリッと焼きました。これはワインのおつまみにぴったりでした。



こちらは先日の残りのレバーパテです。ワインとの相性はなかなかです。



クリームチーズのベリー和えです。ラズベリーとブルーベリーを和えてみました。ワインとの相性はちょっと厳しかったですが、単品としてはまあまあでした。



自家製ラム酒ワイン漬けドライフルーツチーズです。



そしてお待ちかねのワインは、ボージョレー ヌーヴォー第二弾のこちらのワインです。ボジョレー ヴィラージュ・プリムール ”レ・ラパン モノポール”です。こちらも自然派ワインです。ベリー系の香りが特徴的なワインです。フレッシュさはもちろんですが、味わい深いとても美味しいワインでした。ただ、牡蠣との相性はなかなか難しかったです。やっぱり牡蠣は白ですかね。このワインは、開けたてはちょっと近寄りがたい感じがありましたが、時間の経過とともにかなり良くなっていきます。酸味もバランス良くすごくお勧めの1本じゃないかと思います。個人的に大ヒットだった2009年には及びませんが、今年のボージョレーもなかなか良かったと思います。


11月12日~13日の夕食日記 [おうちごはん]

11月12日

この日は切り昆布のサラダじゃがいものポタージュでした。



切り昆布が沢山あったので、サラダにしてみました。コーンやレタストマトも入れてサラダにしてみました。切り昆布って煮るしか頭になかったんですが、このサラダは結構いけました。



そして寒かったので、じゃがいものポタージュを作ってみました。こちらはとても簡単にできます。じゃがいもを茹でで、ブイヨン、豆乳を入れミキサーにかけます。味付けは塩のみ。こしょうも入れませんでした。体にも優しいスープです。



そしてこの日はカンパーニュを食べました。ほんのり酸味があるのですがすごく美味しいフランスパンです。



11月13日

この日は、新しく購入したスープ皿を初めて使ってみました。

メニューは、ベーコンクリームのカッペリーニと昨日に引き続き切り昆布のサラダです。



ベーコンクリームのカッペリーニです。カッペリーニは冷製パスタにしか使ったことがなかったのですが、温かいパスタにする時は短めに茹でれば大丈夫だと言うことが分かりました。新しいお皿に盛りつけて、ちょっとお店に行った気分になれました。



そして12日に引き続き切り昆布のサラダを作りました。この日は松の実をトッピングしてみました。パートナーはまた同じサラダ?という顔をしていましたが、昆布は体にもいいし我慢してもらいました。



この日は休肝日でした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます